ひばりーずの特定パリーグ談義

今後は細川亨選手、帆足和幸投手、大沼幸二投手(以上西武)、ユウキ投手、前田大輔選手、辻俊哉選手(以上オリックス)の応援をメインに、パリーグを語るブログとします。

シーズンオフ、平野のプライドやモチベーションはどうなると思われますか?

久しぶりの投稿になります。
今からですとシーズン終了にならないと移籍できないのでそれを前提にお話します。

まず「関本が故障している」などと言う情報がありますが、実際は出場に支障が出るほどの故障ではなく腰痛です。にも拘らず試合には出ています。

従って内野では平野の必要性はまずありません

次に外野ですが、赤星は首の持病を抱えながらも出場してますし、万が一出られなくなった場合でも浅井、桜井、又は平野ら1979年度生まれの選手数名をパリーグ球団に分散移籍させるように求めますが、その交換要員で賄えばいいのでこれも問題なしと。

以前シーズン中の移籍に関して「本当にトレードされたら、もう平野のプライドは無茶苦茶になると思います。
人気者になる活躍をし、今現在だってちゃんと一軍なのに、シーズン終了待たずにたらい回しのようにパリーグに行かされたら、ネット掲示板なんかでは笑い者にされ、本人だって、さあこれからの時に愕然とするでしょう。」
とありました。

シーズン終了待たず→もうシーズン終了後の移籍になりますので問題ありません。

その他シーズンオフの移籍ですのでどうなるか分かりませんが、平野のプライドやモチベーションはどうなると思われますか?

ちなみに移籍先候補は左打内野手が足りないS(一部内野手をコンバートして)、内野層が本当に足りないRあたりです。
  1. 2008/08/24(日) 19:58:27|
  2. 平野パリーグ復帰委員会|
  3. トラックバック:18|
  4. コメント:93

事実に反する記事について

当ブログに寄せられたコメントに「別のブログで入院する予定だ」と言う記述がありました。しかし、私自身入院することは当ブログ、mixiなどで一言も公表しておりません。

言っていないことを無理やり書かれることは非常に遺憾です。事実確認が取れ次第、場合によってはそれなりの措置を取ることがありますのでご了承ください。
  1. 2008/08/24(日) 19:46:32|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

関本が代わりに2番バッターとして定着してきたからこそ

※この記事は6/19付けmixiの日記に掲載したものを一部改変の上転載したものです。

平野の離脱中に関本が二番バッターとして定着しつつあります。
1試合に4犠打を記録したこともありました。

こう言う時だからこそ平野を獲得したのは何だったんだと思いませんか?
今いる戦力を使えばいいものをわざわざ平野を獲得するのだから。

本人は「赤星選手を非常に尊敬している」や「阪神が大好き、やり甲斐がある」 といったコメントを残していますが、本当に充実してやっているのか疑問です。
しかも先述の通り関本が2番バッターとして定着してきており、平野は本当に必要だったか甚だ疑問です。
活躍できたのは最初のうちで、あとは活躍できない状態が続いています。

そこで皆様に質問です。

1.パリーグで平野を必要としている球団は今現在どこがあるか?
(シーズン入ってから何度かソフトバンクの名前を挙げてきましたが、他にもあればお願いします)
2.仮に平野が移籍になれば、平野は移籍先の球団でもそのままのモチベーションで活躍できるか?


平野不在でも勝ち続けることが出来るのならば平野はもう阪神にはいらない、と言う結論が出てしまいます。そうなれば移籍させるしか道がありません。

皆様の回答をお待ちしています。

  1. 2008/07/10(木) 18:42:26|
  2. 平野パリーグ復帰委員会|
  3. トラックバック:2|
  4. コメント:13

阪急阪神HDに要望書第二弾を出してきました(5/21付けの要望書第一弾含む)

5/21の阪急阪神HD要望書第一弾に続いて、7/5には要望書第二弾を送りました。

第二弾の内容の一部を要約します。

・現在1979年度生まれの選手の活躍はその前後に生まれた選手に比べてあまり目立たず、目立っても特定の球団の特定の選手だけがメインで、一例としてタイガース在籍時代の井川慶投手くらいである。

・平野恵一選手がオリックスに残留の場合(すなわちタイガースが獲得しなければ)、オリックスのみならずパシフィックリーグで活躍している選手として注目を浴びるのだが、タイガースが獲得したことにより1979年度生まれの選手を増やしてしまい、尚且つ特定球団に集中させてしまうという悪循環が生じている。

・昨年末、平野恵一選手の獲得を反対したのは1979年度生まれの選手をタイガースに増やさないことである。現在タイガースには1979年度生まれの選手が7人在籍しているが、パシフィックリーグ球団を見渡すと最少はロッテの1人、最多はソフトバンク、楽天の各4人(ソフトバンクは他に育成選手1人在籍)と言う状態で、タイガースにばかり集中すると球団ごと、リーグごとに格差が生じてしまう。

・今回は平野選手と共に1979年度生まれの選手(特に藤原通選手、庄田隆弘選手、山田真介選手、太陽投手)を7月末までにパシフィックリーグに移籍させることを強く要望する。

・移籍期限までに平野恵一選手、並びに上掲選手をパシフィックリーグ球団に移籍させなければ、移籍させるまで阪神阪急東宝グループの企業または施設を利用しないことを掲げてまいりましたが、前回同様 シーズン終了後パシフィックリーグ球団へ移籍させるまで私の知り合いには阪急阪神東宝グループの企業並びに施設のボイコットを継続する。


ちなみに第一弾の内容は以下の通りです。

私は昨年12月に平野恵一選手(以下平野選手)をオリックスバファローズからトレードにて獲得したことに球団に対し厳に抗議した者です。
今年のシーズンに入ってから打撃の調子が悪くスターティングメンバーから外されたことが何度もありました。
一度は平野選手には今年一杯とりあえず阪神球団で活躍して来年以降は様子を見ようと思っていましたが、現在パシフィックリーグの福岡ソフトバンクホークス(以下ソフトバンク)が平野選手と守備範囲が重なる二塁と外野の主力選手が怪我により戦線離脱、または不調状態が続き、更には遊撃手が8月の北京オリンピックに派遣される可能性があります。
またソフトバンクの打撃コーチがオリックス在籍時一緒でしたし、王貞治監督も2005年の雑誌「Number」の記事で絶賛されるほどでした。従ってソフトバンクが一番望ましいと考えます。

スターティングメンバーから外されることが散見されると今後阪神球団で平野選手を使う気はないと思われます。

その為阪神球団に対しては平野選手を移籍期限である6月30日までにソフトバンク、その他パシフィックリーグ球団へ移籍させるように働きかけていただきますようお願いします。

尚、東京在住の私が平野選手を獲得した阪神球団、並びに阪神球団が所属する阪急阪神東宝グループへの抗議の具体的内容は以下のとおりです。
・阪急阪神第一ホテルチェーンのホテル、阪急百貨店、モザイク、阪急交通社、ブックファースト、アキバトリムを利用しません。
・4月17日にオープンしたアキバトリムを利用しない代わりにチェーン店は近隣店舗を、ブックファーストに関しては近隣にある書店を利用しました。 其の物的証拠としてレシートを同封します。

6月30日までに平野選手をソフトバンク、並びにその他パシフィックリーグ球団へ移籍させなかった場合には シーズン終了後パシフィックリーグ球団へ移籍させるまで私の知り合いで東京在住の平野選手、並びにパシフィックリーグのファン多数には上記の企業並びに施設のボイコットを勧めていきます。


  1. 2008/07/08(火) 04:01:13|
  2. 平野パリーグ復帰委員会|
  3. トラックバック:5|
  4. コメント:40

オールスターファン投票中間発表を見る

今日はオールスターファン投票の中間発表がありました。

パの捕手部門、ダントツ一位がやはり西武の細川!!

ちなみに5位はSBの田上でしたが、いつになったら戻ってくるのやら・・・

抑え部門5位はSBのホールトン


しかし、日本代表候補にも追加で選ばれた西武の帆足はどの部門にも入ってません・・・

誰か入れてあげて!!
  1. 2008/06/09(月) 20:06:34|
  2. 細川亨|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1
| HOME | NEXT…