ひばりーずの特定パリーグ談義

今後は細川亨選手、帆足和幸投手、大沼幸二投手(以上西武)、ユウキ投手、前田大輔選手、辻俊哉選手(以上オリックス)の応援をメインに、パリーグを語るブログとします。

その他パリーグ好きな選手4・・・小田智之内野手(F)

小田選手

(↑BBM06 日本シリーズより)

1979年5月19日生まれ。
静岡県浜松市出身。
右投左打。
興誠高
1997年ドラフト2位で日本ハムファイターズに入団

興誠高では広島東洋カープの林昌樹投手と同級生。

持ち前の巧みなバットコントロールは高校時代から評価が高かった(プロ入団後のチームメイトも「打撃の天才」と舌を巻くほど)。イチローを彷彿とさせる左の好打者で、最後まで体が開かずしっかり振りぬけるバッティングで長打力もあったことから、将来のレギュラー候補と期待されました。

守備位置が主力打者と同じ(一塁または三塁)であるため、二軍で高い実績を挙げたにもかかわらず一軍昇格のチャンスになかなか恵まれないでいました。一塁守備が下手な訳ではないですが、足の状態・負担を考慮して、中盤〜終盤に代走や守備固めと交代することが多いです。

7年目の2004年、8番DHで開幕スタメンに名をつらね、4月3日の対西武戦にプロ初本塁打(と同時に、日本ハム北海道移転後のチーム本拠地初本塁打)を放ちました。中盤故障もあった中、77試合に出場。左打者なのに左投手が得意な事から右投手相手でも左投手相手でも代打として度々起用されました。小笠原道大選手の故障時やアテネオリンピックに派遣されていた間は3番を打つ等その穴を埋めました。規定打席には到達できませんでしたが打率.322と好成績を残し、特に後半戦に限ってはリーグ首位打者の大活躍を見せました。
2005年は自己最多の99試合に出場しましたが、前年4割近く打ち込んでいた左投手相手に打率.216と苦戦し、三振は急増。前半はまずまずの成績でしたが後半不振に陥り、打率も.266と本来の力を出し切れませんでした。
2006年は左の代打の切り札として活躍。本塁打こそ1本も放てませんでしたが、松坂大輔投手、斉藤和巳投手など大物投手に滅法強い事から「大物打ち」と呼ばれました。代打出塁率.322はリーグ2位。三振は減り、四球は増えてきました。しかし6月以降打率1割台とまったく打てず、この年も後半戦でつまづいてしまいました。また、オフに左ハムストリング慢性的炎症の手術を行いました。
(ちなみに2006年は日本シリーズに出場しましたが、アジアシリーズには出場しませんでした)

小田智之選手、日本ハム北海道移転後から現在までの記録(一部 「野球を愛する人のためのホームページ」掲示板より)

2004年4月3日 上述の通り自身のプロ初本塁打、そして本拠地移転後初の本塁打を札幌ドームで放った
2004年6月17日 登録抹消。翌日左ハムストリング内の腱の痛みを取るための手術を受けた。
2004年8月3日 一軍復帰。
2004年8月6日 ロッテ戦で6号本塁打を放った
2004年8月20日 近鉄戦で7号3ランを放った。

2005年3月17日 オープン戦で同学年の西武大沼投手からレフトへ同点タイムリーを放った。
2005年11月3日 本来は新庄選手が出場予定だったが、辞退したため代わりに静岡草薙球場で開催されたパリーグ東西対抗に出場した

2006年4月21日 ロッテ戦で猛打賞の大活躍。ちなみに同学年の橋本投手はシーズン初登板でプロ初勝利


  1. 2007/12/27(木) 18:10:24|
  2. 好きな選手その他パリーグ編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホークス田上選手は600万円アップで更改

今年は打撃の方の成績が良かっただけに、もしかしたら大幅アップもあるかも?と思っていましたが・・・。とりあえずアップで良かったです。でも来年は守備のほうも向上させてね。唯でさえホークスは盗塁阻止率が悪い方なんだから(バファローズから的山選手が入ってくれたので後は彼の技術でも盗んで一年中1軍にいられるようにして欲しいです。ちなみに田上選手は4月9日〜18日以外はずっと1軍にいました。)

Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)より

ソフトB田上は600万増でサイン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071213-00000008-nks_fl-base


 ソフトバンク田上秀則捕手(27)が契約交渉に臨み、600万円アップの2900万円でサインした。今季は91試合に出場、打率2割6分4厘、9本塁打と打撃での評価を受け、2年連続でアップ更改となった。「来年は(捕手の)レギュラーを取りたい。目標は全試合出場で20本塁打近く打ちたい」と、田上は抱負を語った。今季、チームの盗塁阻止率は1割8分8厘。捕手の中では2割5分と最も高い阻止率をマークした田上だが、当然満足できる数字ではない。「(送球の)正確さを求めて(阻止率)3割5分は最低でもいきたい」と、来季へ意欲的だった。


ちなみに昨年は大幅アップだったのでチーム初の保留者となりました(ゴネたわけではないですが、かなり本人も驚いたようだったので)。
  1. 2007/12/13(木) 19:09:37|
  2. 好きな選手その他パリーグ編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

マリーンズ渡辺正人選手がサイン

スポーツナビより

ロッテ・渡辺正は250万円減 契約を更改
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/baseball/npb/headlines/20071212-00000048-kyodo_sp-spo.html


ロッテの渡辺正は12日、250万円減の1850万円プラス出来高払いで契約を更改した。
 渡辺正は1度目の交渉で、出場試合数に伴う出来高払いをつけることを自ら申し出ており、それに沿う形での契約となった。(金額は推定)


なるほど、出場試合数に伴う出来高払いが欲しかったわけですね。
来年は川崎時代からいる堀選手を代打要員に押しのけるくらいの活躍ぶりを見せて欲しいです。マリーンズの1979年度生まれは渡辺正人選手一人しかいないのだから、恵一選手や細川選手、稲田選手を見習って一生懸命プレーして欲しいです。

本人のブログより




  1. 2007/12/12(水) 23:57:09|
  2. 好きな選手その他パリーグ編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ファイターズ飯山選手(11月29日付)2200万円でサイン&背番号4番に 小田選手も更改

遅くなりましたが、稲田選手と共に活躍が期待されている飯山選手が11月29日、2200万円でサイン、そして背番号4番に変更となりました。

北海道新聞より

吉川、1500万円に 1軍の契約更改始まる 飯山は2200万円
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/fighters/63124.html?_nva=3



飯山は「守備固めという役割の重要性を見てもらえ、うれしかった」といい、課題に打撃力アップを掲げた。

 また、来季の背番号は、歌藤が「51」から「12」に、飯山が「57」から「4」に変更することが決まった。

(一部抜粋)

4番と言えば奈良原選手がつけていた番号でしたが、飯山選手、これに恥じずに活躍を期待しています。

ちなみに2004年〜2005年ごろに渡辺正選手、平野恵選手と共に「1979年生まれパリーグ三大内野手」と言われ輝かしい活躍をしてきた小田選手はやはり出場試合減ということもあり200万円マイナスの1900万円で更改しました。

  1. 2007/12/05(水) 12:59:34|
  2. 好きな選手その他パリーグ編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

ホークス辻選手が400万増しでサイン

Yahoo!ニュース(日刊スポーツ)より

ソフトB辻は400万増の1600万円
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=npb&a=20071205-00000000-nks_fl-base



ソフトバンク辻武史外野手(28)が5日、福岡ヤフードーム内で契約更改交渉に臨み、400万円アップの1600万円(推定)でサインした。プロ10年目の今季は自身最多の54試合に出場。主に守備固めとして起用され、特に後半戦の緊迫した場面でビッグプレーを続けた。「打撃は良くなかったけど、その中でも自分ではいいところでヒットを打てた。守備は100%自分の力を出せたと思います」。前日4日まで27選手のうち15選手が減俸でサインする中、大きな増額をつかんだ。


ホークスの方の辻選手は昨年のプロ初ホームラン、そして今年は開幕一軍と出場試合数が自己最多(それでも平野恵選手よりはちょっと少ないですが)ということもあり私としてはいい一年だったんじゃないのかなぁと思います。
もし、ここまで来て活躍できなければ最悪戦力外かもしれなかっただけにそれを免れたのはこれに尽きるのではないのでしょうか。来年も開幕一軍、そしてライバルのA金選手を押しのけるような活躍を期待しています。
  1. 2007/12/05(水) 12:08:50|
  2. 好きな選手その他パリーグ編|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
| HOME | NEXT…